2007年01月15日

PAPILLON

HOMEリンク グラフィック ⇒ この記事です

http://kiran.jp/

騎羅さんのサイト。絵をみれば、ああって思う感じだと思うのです。自分はそう思いました。

 ファンタジーをモチーフにした絵ですが、きれいなんですが、それに含まれて何か迫るものがあります。

 中のラフレシアという作品を見て、うぶめや片輪車を思い出しました。共に血や炎、罪を背負った美しさです。
posted by 管理人 at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | リンク グラフィック| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。