2007年04月02日

10、水 【みず】

HOME100のお題 ⇒ この記事です

人の体の多くは水でできているという。
 一番水である事を感じるのは紛れもなく血だと思う。この波打つ脈や心臓の鼓動も、水を流すポンプの起動している音だ。ドクンドクンと波打つように聞こえるそれは自分の中の水の流れを感じさせる。
 鼓動は一つではなかった。
 心臓だけではなく、重なるように違う鼓動がある。それは実際にあるものではなくて、幻聴、錯覚そう思えるものかもしれない。
 きっと私の体に聴診器をあてても、メスをあてて切り裂いても、きっとそれは見えはしない。それは利口というか、意思があるのか、他人の目に自分をさらそうとしない。
 今までこれにかかった人間もそう思ってすごしてきたのだろうか?
 誰もが認識し、信じてくれる段階になってしまってはもう遅い。それがこの病の特徴なのだ。誰にでもわかるようになったとき、私は私のままでいられるのだろうか。
 体の中で慄くような波紋を感じた。あるはずのないからだの中に海を渡っていく波のイメージ。
 想像というにはあまりに強固な幻影だった。
 
posted by 管理人 at 05:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 100のお題| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/37514730
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。