2008年05月03日

画像加工サイト

HOMEリンク その他 ⇒ この記事です

 その時計と出会ったのはある骨董品屋の店先だった。

 上海が当時租界と呼ばれた頃、搾取される側のものが多い中、財をなし、市井の人々とは縁遠い生活をしたものものいた。そんな人間が、特注したというその時計。

 懐中時計であるそれはプラチナで作られ、時を刻む機械は当時の最新のものだった。だが、全ては西洋のものではなく、その文字盤は中国の言葉である漢字、刻を示す十二の獣が刻まれていた。


 一目見てあれほど時計が欲しかったのは始めてた。
 だが、ある日骨董品屋からその時計は消え、それから二度と目にすることはないはずだった。

 しかし海外の雑誌で発見した。

 


e9539e2340a9ae7304480b4291b73af6_NATURALGEO_med.jpg

 それほどもののだったとは。



 というのは、冗談ですが、

幕末古写真ジェネレーター
http://labs.wanokoto.jp/olds
なんでも幕末の古写真風にしてくれるというもの

MagMyPic
http://www.magmypic.com/
いろいろな写真を雑誌風にしてくれます

 を組み合わしてみました。

あとルービックキューブと紙幣のを追記

http://www.festisite.com/tools/generators/money/
http://www.dumpr.net/rubik.php


こちとら手書phpき風スケッチにしてくれます
http://www.dumpr.net/sketch.


いろいろと
http://www.photofunia.com/
posted by 管理人 at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | リンク その他| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。